「伸ばせ個人技」

◎コーチや役員さん、先輩、相手チームの指導者に対するあいさつを

当たり前にできるようにする。

「感謝を知らない人間に対して指導を徹底することは難しい」

 長年の指導の中心であるにもかかわらず、なかなか徹底できない現状がある。

しかし、何度も繰り返し、説論する中で必ず自然体でできるよう指導の徹底を図る。

◎友達を大切にすることを、生活面やサッカーのゲームを通して身につけるようにする。

「どんなにすばらしいプレーヤーでも、一人では試合に勝てない」

 なぜ子どもたちは、暑い日も寒い日もサッカーのゲームに夢中になるかといえば、個人スポーツでは味わえない集団スポーツの楽しさを知っているからである。当然集団で行う中では、わがままやもめごとも当然として起こってくる。そこで自分はどうすればいいかを考えることによって、自制心や協調性が養われるのである。サッカーを通しておおいに葛藤してほしいと願っている。

◎常に考えるサッカーを通して、頭脳と体力の相乗効果のあらわれる指導を行う。

「より考えたプレーをできる人間ほど、その成長の度合いは著しい」

 ただがむしゃらにボールを追うプレーも悪くない。しかし、そこに考えたプレーを導入することにより、より精度の高いプレーへと変わっていくことを体感してほしい。

中田選手のプレーは、試合中常に周りの状況と自分はどうすべきかを考えてプレーしている。これらは、生活面や学習に必ず生かされてくるものであると考える。

 加えて、食事の大切さも教えて行きたい。

プレーに対する厳しい要求と、人格を否定するような言動は全く意味が違う前者はチームを高めていくが、後者はチームを後退させてしまう。何かの縁で別々の中学校から集まった仲間である。チームメイトを思いやれる集団づくりがまず大切。サッカーの上手さで人間の価値なんて決まらないコーチ自身も気をつけること

「かーっとなった自分をおさえる力」というものが今の若者に一番必要。小野や中田はどんなに削られようが決して自分を見失わない。サッカーをやっている中で感情のコントロールができる人間に・・・

矛盾するようだが、闘争心は必要である。闘争心と自制心のバランスが大切なのである


今の時期は外見をみがくことより、内面をみがくことに重きを置く時期である。外見で人を判断するという意味で禁止するわけではなく、それ以外にするべき事があるということを考えさせるために禁止にしています

サッカーをしているから、勉強ができないと言ういいわけは絶対にさせない結果としてサッカー推薦で高校に行くのと、最初からそれを目指して勉強をおろそかにするのとはわけが違う。学期末に通知票のコピーを提出してもらいます。学業をおろそかにしているのが明らかな場合、一言二言三言言わせてもらいます

早い判断を求めるのは2年生から。1年生の間は個人で局面を打開する技術を高めることに徹底する。2人にかこまれても3人にかこまれてもあわてることのないプレイヤーを育てたい。戦術対戦術の試合でも、最後の局面を打開するのは最終的には個人の力だと考える。高校生になって活躍できる選手・大人になってもフットサルを楽しめる選手を育てたい。
川上FCを強くするのが最大の目標ではなく、個人個人を育てることが目標。目先の1勝にこだわる指導をしないこと。ファーストタッチ、フェイントにどれだけのバリエーションがあるか、オフザボールのときのポジショニング、ボールの受け方、体の向きの作り方など、個人技術、個人戦術がベースにあるワンタッチサッカーを目指したい。

基本的には電車移動です。ただし、熊取や高槻、寝屋川など電車では不便な場合車移動をお願いすることがあります。ご協力お願いいたします。(その場合も電車移動でも、もちろんかまいません)
電車や公共の場所でのマナーについては話をします。このようなマナーを守れない選手は試合には出しません

チームは学年で構成するチームと、代表チームとがあります。全国大会予選やリーグ戦などは、学年関係なく、川上FCの代表を選抜して構成します。しかし、それ以外の練習試合は学年で組みます。(ただし、大事な大会前は、練習試合も代表チームで構成することもあります。)

1年生の間の試合は人数にもよりますが、2チームの編成が可能な年は2チームで参加します(1チームとしてしか招待されない大会の場合はやむを得ず1チームにしますが)。その際どのような意図でチームを分けるか等のチーム編成、選手起用についてはスタッフに一任してください。

集合場所に着いてから、飲み物や食べ物を買いに行ったりしない。ただし、飲み物がどうしてもたりなかった場合は、引率コーチの許可を得てから行くこと。保護者の方も、必要以上のお金は持たせないように心がけお願いいたします