OBの活躍

OBの主な進路(推薦による)

<⼤阪>
G⼤阪ユース・C⼤阪U-18・阪南⼤⾼・⼤阪桐蔭・近⼤附属・興国・関⼤⼀⾼・履正社・桃⼭学院・清⾵・初芝⽴命館・ 賢明学院・商⼤堺・東⼤阪⼤柏原・⼤体⼤浪商・⼤阪偕星・FC⼤阪U-18 等
<⼤阪府外>
市⽴船橋(千葉)・⼭梨学院(⼭梨)・星稜(⽯川)・⽴正⼤淞南(島根)・浜松開誠館(静岡)・岡⼭学芸館(岡⼭)・⾹川⻄(⾹川)・ 初芝橋本(和歌⼭)・奈良育英(奈良)・滝川第⼆(兵庫)・鵬翔(宮崎)・近⼤⾼専(三重)・福知⼭成美(京都)・⼤分(⼤分) 等 ※天王寺、⽣野、富⽥林、狭⼭、河南、⾦剛、⻑野、泉陽、泉北、今宮、⼤塚(体育科)、桜宮(体育科)、⾹芝(奈良)、東 海⼤仰星、関⼤北陽、帝塚⼭泉ヶ丘、清教学園、初芝富⽥林など⼀般受験による公⽴校、私⽴校への進学者も毎年多数います。


太⽥ 弦貴
(8期⽣2003年度卒)

川上FCjr→川上FCjy→初芝橋本⾼→サガン⿃栖→ ガイナーレ⿃取 →FC⼤阪→(引退)


道上 隼⼈
(11期⽣2006年度卒)

川上FCjr→川上FCjy→セレッソ⼤阪U-18→ 桃⼭学院⼤学【関⻄学⽣選抜選出】→J1 松本⼭雅FC(現在)→ J3 アスルクラロ沼津→ヴィアテイン三重→ティアモ枚方(引退)

河野 圭吾
(11期⽣2006年度卒)

富⽥林中央 JSC→川上FCjy→星稜⾼校→⿓⾕⼤学→ 横河武蔵野FCFC⼤阪→FC刈⾕(引退)

⿓⽥ 和樹
(11期⽣2006年度卒)

楠 JSC→川上FCjy→清⾵⾼→⼤阪産業⼤学→ アルビレックス新潟カンボジア→カンボジア国防省→ カンボジアナショナルディフェンス(カンボジア 1 部優勝)(引退)


⼭⽥ 修平
(13期⽣2008年度卒)

川上FCjr→川上FCjy→⼭梨学院⼤学附属⾼【U-16、17、18 ⽇本代表 (⾼ 3時に⽇本⾼校選抜に選出)】→⻘⼭学院⼤学【1年次に松本⼭雅の特別強化指定選⼿となる】→ J3藤枝MYFC→アルビレックス新潟シンガポール→ブリオベッカ浦安(引退)

⽊匠 貴⼤
(13期⽣2008年度卒)

藤井寺 JSC→川上FCjy→初芝橋本⾼→京都産業⼤学【2,3,4 年次:関⻄学⽣選抜選出】→ FC⼤阪(現在)

⻄岡 ⼤志
(13期⽣2008年度卒)

藤井寺 JSC→川上FCjy→初芝橋本⾼→⾼知⼤学【1,2,3,4年次:中国・四国 学⽣選抜選出】 →FC⼤阪(引退)→引退後、スポーツ団体を⽴ち上げ、代表として活躍中

曽根 友祐
(13期⽣2008年度卒)

楠 JSC→川上FCjy→清⾵⾼→⾼知⼤学【1,2,3,4 年次:中国・四国学⽣選抜選出】→ HondaFC(引退)


⼭⽥ 純平
(14期⽣2009年度卒)

川上FCjr→川上FCjy→⼭梨学院⼤学附属⾼→⼭梨学院⼤学→アルビレックス新潟シンガポール(引退)→ 引退後、⼭梨学院⼤学サッカー部GKコーチとして活躍中


平尾 壮
(16期⽣2011年度卒)

富⽥林常盤FC→川上FCjy【U-13、14 ⽇本代表】→ガンバ⼤阪ユース【U-16 ⽇本代表】→ ガンバ⼤阪→アビスパ福岡→町⽥ゼルビア→ザスパ草津(現在)

末吉 塁
(16期⽣2011年度卒)

ヴィトーリア松原→川上FCjy→初芝橋本⾼→⼤阪体育⼤学【1,2,3 年次:関⻄学⽣選抜、4 年次:全⽇本⼤学選抜選出】→ モンテディオ⼭形→ジェフユナイテッド市原・千葉(現在)


前⽥ ⼤然
(17期⽣2012年度卒)

太⼦町 JSC→川上FCjy→⼭梨学院⼤学附属⾼→松本⼭雅→⽔⼾ホーリーホック→ 松本⼭雅→CSマリティモ(ポルトガル 1 部)→横浜F・マリノス(現在)【U-22 ⽇本代表、2019 コパ・アメリカA代表、東京五輪代表】

平賀 能捷
(17期⽣2012年度卒)

⼤阪狭⼭プライマリー→川上FCjy→初芝橋本⾼→桃⼭学院⼤学→アルビレックス新潟シンガポール(現在)

 他にもOBで J クラブのユースに⼊り、クラブユース選⼿権、J ユースカップ、⾼校のサッカー部に⼊り、全国⾼校総体(インターハイ)、 全国⾼校サッカー選⼿権、プレミアリーグ、プリンスリーグに出場し、中には国体選⼿に選出されたり、全国制覇を成し遂げた選⼿もおります。
 海外のリーグで活躍している選⼿もいます。 ⼤学でも関⻄や関東や四国など各地域リーグで活躍し、各地域選抜に選出されたり、結果を残しているOBも多数おります。
 また、ジュニアユースも創設28年を迎え、サッカー以外での多⽅⾯においてもOBが活躍しています。